読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

常識ってなんだ?

仕事終了後、着替える前にタイムカードを押す

仕事開始前、着替えてからタイムカードを押す

って社会性の中では当たり前のルールだと思ってた

 

いわゆる「常識」だと思ってたのに・・・

 

終礼が時間前に終わった後、還暦派遣じじぃが

即座にロッカーに直行し着替えてタイムカードの前で待機していたところを

他職員に発見され、ひと悶着あっていた

 

私は・・その場におらず、事後報告を受けたのだが・・・

その内容たるもの・・とんでもなかった

年下の先輩君が優しく注意していたようだが、

還暦派遣じじぃはしかめっ面に険しい表情で「なにが悪いんだ!」と

思っているのか?バツが悪くなり権勢しているのか?

果たしてそれはどちらかはわからないけれど・・・

一言の謝罪もなく、「俺を皆で中傷すればいいんだ!」と捨て台詞を吐いて

その場を立ち去って行った

 

そのタイムカードのある場所だが・・・

誰かしら必ず通り、人目につく場所にそれがある

にも関わらず・・・なぜゆえに危険を犯してまで

着替えてからタイムカードを押すためにそこに待機していたのか

理解に苦しむところだ

 

結局発見され辱めを受けるのはあなたなのに・・・

 

最後には「ここにきてまだ20日だからわからなかった」

還暦派遣じじぃは答えていた

 

 

これらを読んでも透けて見えるかもしれないが・・・

1言って0.2程しか出来ず

やりたくないことはしない

わからないことは聞かない

一日経つと、教えたことがリセットされ

また1からやり直し

 

注意しても、仕事を教えても・・

くってかかられる

他人を不穏にさせるのがとてもお上手だ

派遣初日に2人介助の入所者さんを誰にも言わず単独で迎い、抱えきれず落とされた

数日後も別の入所者さんを抱えきれず落とされたという話だ

 

常識ってなんだろう?

 

こいつは一体何を考えているのだ?

 

と、首をかしげる他ない出来事が1日のうちで何度起きるだろうか?

 

 

やっぱり思うよね?

 

常識ってなんだろう?って

 

 

 

 

雨100パーセントの潔さ

も~あんだけ雨が降ると気持ちいいね~

 

降水確率100パーセント

 

晴れ間もなく、ずっと雨降ってるの

 

ずっとだよ

 

昨日は外出予定があったので、

雨合羽着て、完全防備で出かけたはずなのに

強く降り続ける雨が合羽の縫い目の隙間から入ってきて

しかも・・・下半身・・・

 

どんどん冷たくなる下半身・・・

 

やっと目的地へ到着すると、案の定下半身のみ濡れていた

全体的に濡れていればまだましだったのに

股間を中心に楕円形を描くように濡れていてショックだった

 

でも・・・用事優先でお構いなし風を気取って歩いたけど

 

用事最優先!!

 

それにしても雨100パーセントは本当に気持ちがイイ

 

あれだけ強く激しく降られるとテンションがあがるわ~

f:id:chakin4441:20170417142205j:plain

 

人からお礼の品を渡されるのは、どんな時?

昨日もお菓子を頂きながら

置いて、気づいたら袋ごと消えていた

 

まあ、まあ、まあ

 

いつもツンデレなワタクシ

自分で出来ることをしないで

文句が多い人や

上から意見を言う人

他人に依存が強い人には風当たり強く

 

本当に手が必要な時には手を貸します!

マメに顔を見にいきます!

 

これは自分の生き方にも反映してる気がする

 

いつかもトイレ介助時に初めて

その方が立位可能だと知った

その日はずっとオムツ交換だったから

全介助と思い込んでいた

 

ある先輩が「立てるよ」って

アドバイスくれて、その通りにしたら

 

手すりをぎゅっと掴んで

ずっーーっと、立ってくれていて

「立てるんだ。すごーい。もう少し頑張ろうか」

「終わったよ。ありがとう、お疲れ様」

 

みたいな声かけをしたと思う

 

帰り際、それまで無口だったその方が

目線合わせて、はっきりとした口調で

 

ありがとうございました

 

って伝えてくれた時は嬉しかったな♫

 

声かけって大事( ◠‿◠ )

介護では基本だよね

f:id:chakin4441:20170417142205j:image

 

 

 

悪者扱い止めませんか?

人間関係が良好なのではなく

そういう見せ方をしているだけにすぎないのだ

 

皆、大人ではなく

ただ何も言えない、何も言わないだけに過ぎないのだ

 

電話が鳴ったら取るものだと思っていたが

電話が鳴っても下っ端には取らせない士長の態度や言動に

電話のベルを完全無視をするようになった

必要性があるから、電話ってかかってくるもんじゃないの?

受け取る側が受け取る人間を選んでどうするの?

 

 

真剣に仕事に向き合っているから

色んなことに腹が立つんだと思うんだ

 

真剣に自分に向き合っているから

こその怒りだったんだって!今理解したよ

 

これらは、悪者の愚痴じゃない

ごく当たり前に、ごく自然のものに過ぎないのだ

 

悪口を言わないようにしよう とか 愚痴を言いすぎないようにしよう とか

そもそもしなくていいいのだ

 

自分を落ち着かせる為、自分を納得させる為、自分の考えを整理する為のものなら

言葉で表現して、違和感を持って、問いかけて、答えを出そうとする

その自分が向く方向を誤らなければすべてオッケーなのだと

 

 

私はそう思うんだ

 

 

 

 

 

ズルイんじゃない?

またもや引っかかったことがあったので

布団から這い出して・・・パソコンを起動してみる

 

皆、あの人は大人だね~って感心していたけれど

それは違う・・・人に言いきれないだけだわ

 

それってズルイよ

 

関わらないで、遠くから様子だけ伺ってる

あとからあとから、他職員に指示を出す

負担を押し付けてくる

 

うん、もう負担として認識してるよ、こっちは

 

看護師長なんか適当じゃん

自分の気分で指示してんじゃん

嫌味ばっかり言うじゃん

自分から動かないじゃん

 

じゃん、ばっかりじゃん

 

って言いたくなった

いや、言ってしまった

 

それほど今日の一日は、振り返れば色んな気づきがあった

 

「先生はあたしさえいればいいからね」

 

その発言が既にあなたの態度を物語ってるよ!!

 

 

きっと私は、この環境の中で次の進路を模索する運命にあるんだわ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

お茶で洗ったよ

水道の水が出なかったから

お茶で洗っただと?

 

義歯ケースも歯磨き用のコップも錆がこびりついたように

手の届きにくい底にシミがついていた

 

奴ら・・やりおったな|д゚)

 

義歯ケースの至るところ、隙間なくお茶の色がついている

水で洗っても取れないので、ハイターにつけることに・・

 

そしたら悪意なき嫌味なおばちゃんが一言

「前私がやってたのよ。してくれるんなら助かるわ」

 

一言多いのよ!ともかく

私を褒めてくれ!みたいな底なき欲望がその一言を言わせるんだろうね

 

いちいち小言のようにつきまわれるのが鬱陶しい

 

今日も嚥下が悪い方に普通のお茶を配膳していたので

注意したら「娘さんがそんなにつけなくてもイイって言ったから」

 

その場で私はため息が出たわよ

 

娘さんでなくて、嚥下が悪い方に普通のお茶だすな!

長年この仕事やってんだろうが(# ゚Д゚)

 

ああいえば、こういう典型的なおばちゃん

5月に退職予定・・・でもね他人から「いなくなったら困る」と

言われるのを嬉しがってたようだった

いやいや、一人しかおらん係が辞めるとなればこちとら負担も増えるし

そういう風にいう人がどこかにいてもおかしくないだろう

 

私は決して言わないけれど・・・

人が出した決断にあれこれ言わず、他人に興味なし、送り出すのみ

 

誰かが強く引き止めたら、簡単に出した結論を覆す可能性をもつ

 

 

でもまぁ、いなくなればいなくなったでなんとかなるから

さっさと退職してください

 

あなたの  やってやった とか 自分だけが忙しい とか

片付かないからさっさとやれ とか 

ヘドがでるわ|д゚)

 

と、悪口を言ったところで・・・

私は本人にも「めんどくさいですね」と言っちゃうタイプ

 

本人が発した言葉をただ拾い上げただけで

毒舌キャラと認知される羽目に・・・・・

 

それは、さておき

 

ハイターにつけた義歯ケースは綺麗に仕上がりました

たまに・・・またつけようっと

 

とにかく

お茶で洗うのだけはやめてくれ

 

 

ひきつけるものとは?

夜勤入りの時は激しくテンション高めだったのに

 

今朝…明けの彼はテンション低めだった

 

「寝てないんだから、当り前だよ」

 

「いや、今がちょうどイイですよ。それ位が普通でいい」

 

と、言ったら笑っていたけれど

 

どうやら深夜に熱発者が続出したらしかった・・

夜勤に入るといつもそうらしい・・・

 

思わず「呼び寄せるんですよ」と言ってしまったが

 

呼び寄せる何か安心できるなにかをお持ちなのかもしれない

 

普段、本業での彼も見てみたいものだ