こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

木っ端微塵

愛車を引き取りに・・久しぶりに電車を使い、徒歩でてくてくバイク屋さんへ

 

ベルト部分が木っ端みじんだったとおっちゃんが

見せてくれたが、素人には「へぇぇぇぇ」としか言いようがなかった

ベルトには糸が埋め込まれてあってそれが使われているだというのなら

なんと原始的な乗り物なのだろうと改めて感心する

 

実際、便利な乗り物なのだが仕組みを知ると驚かされることが多い

でもすぐに忘れてしまうのは興味がないからだと思う

 

目をキラキラさせておっちゃん達は説明してくれるけれど

こ難しい話は苦手である

そんな程度の認識だよ、わたしにとっては

 

愛車は私を乗せてほぼ毎日走っている

遊びに行くのにも、仕事に行くのにも、私を楽しませてくれる

本当に大好きだ

思い入れが強いせいか、愛車が身代わりになってくれているのかもしれない

 

そう思ったのが今回の「満月・木っ端みじん」事件だ

 

満月の日に起こったのが運の月

 

実は似たようなことが過去起きているので、確信あるのさ

 

そして私は明日日帰り小旅行が待っている