読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わる頃

抑揚のないブログも時には嵐も・・・たまにね

還暦じじぃは「すみません」と言った

還暦じじぃ(派遣)と初仕事

還暦じじぃは新人ながら キレキャラ( ゚Д゚)とは聞いていたが

実際は・・・指示待ちじじぃ

 

ならば・・・指示を与えればいいのだと休む間もなく指示を与え続けた

 

時間があけば・・・自分で何か考えるだろうと踏んで

実際のところ・・・先輩であるはずの年下の我々にアドバイスを求めることも

わからないことを尋ねることもなく、単なる指示待ちじじぃだった

 

介助が不要な人に付きっ切りでいる場合には即ツッコミ

依存性のある方に付きっ切りの時は入所者に即ツッコミ

 

就業初日に2人介助の入所者のベッドから車いすへの移乗

独りで勝手に行った挙句失敗し・・事故報告書を提出する(代筆)という・・

 

注意すると「僕は落としてません」とか

他の件で注意すると「わかってます」と口答えをすると

他従業員から申し送りがあったので警戒していたが・・

私の時は一切聞かれず・・

 

ただ一番驚いたのが・・プライドがエベレスト並みに高いこと( ゚Д゚)

50人の入所者の前で1人の職員がマニュアルに沿って体操を行うのだが

そのじじぃにお願いしたところ・・・

最初は本人拒否傾向・・でもマニュアルもあり、周りの入所者の協力も得られる

何よりも皆の通った道であり、何回も一緒にやっているのに出来ないのか?と

問うとプライドに触れたのか・・「ギャラリーが少なすぎる」とほざく

 

シフト上ではじじぃは5連勤

我々でも4連勤で疲れが最大級になるのに、その上を行くじじぃ♬

 

「なんとかなるだろう」と軽い気持ちで派遣されてきたというのなら

その責任は果たしていただこうと・・・じじぃに挑むワタクシ

 

誰からも声はかけられず途方に暮れるじじぃの姿は日勤帯に

何度も見られた

 

仕事を選ばず、一生懸命やる姿勢が見られたならば周りは声掛けをしただろうが

体が疲れると仕事を選び、わからないことを誰かに尋ねることもなく

率先して介護以外の仕事をこなすこともない

目の前の仕事もやろうとしないじじぃに誰が声をかけるだろうか

 

「わからないので教えてください」「やり方をみせてください」

「ベッドに移乗するので見ていてくれませんか?」「これでいいですか?」

ただその一言、その姿勢があれば少しは・・・

 

ナースコール対応で入所者に拒否された様子で

「嫌われたんですね」とはっきりツッコミ

「いや、男の人はだめみたいで・・」と即切り返しアリ

じじぃ以外は受け入れているので本当に嫌われているのだろう

 

なにより・・休憩がかぶるのが一番お互いにつらい

じじぃは煙草を吸わない様子・・

誰にも声を掛けず、掛けられず・・難しい顔でその場にいる

そりゃ近づきたくないよね

周りは年下しかいないしね

 

f:id:chakin4441:20170402122726j:plain

おやつの時間になり・・促されておやつを配るじじぃ

 

食事介助も未経験・・ただぼーっと突っ立っている

見かねてじじぃに問いかける

「自分で水分摂取をされない人たちがおやつの時間に水分を取れないと大変なことになるので、起こしてあげてください」

 

じじぃは「すみませんでした」と一言

 

他従業員に話すと「手なずけたねぇ」

 

老人保健施設で食事介助も、ベッド/車いす移乗も出来ない

会社はただ頭数揃えたかっただけらしく

非常に迷惑しているが、これがこの会社のやり方なのだろう

 

唯一私のいる階のいいところは・・

人間関係が良好で皆仕事が出来、助け合いが出来るということかな

 

その中でどれだけ貢献し、周りに感謝ができるか

学べるか そしてどれだけ自分を楽しめるか

 

私はそれに挑戦中だ

 

 ( ゚Д゚)