こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

自分に正直に生きているだけなのに

「それ、私やるからあなたもリラックスしたら?」

 

仕事中の話

 

ただ一人になりたくて、ただ一人になりたかったから

 

皆と離れて過ごしていた

 

何にもしないのは、疲れる

人と話すのも相当疲れる

だったら一人で黙々と何かをしていたいと思ったからそうしてたら

 

そう言われた

 

「好きでしているから」と言葉を放つと

相手は納得して離れていった

 

チームで仕事をしていると人と一緒にいる時間が長くなる

ずっとそれが続くと身も心も段々と疲れを増すのを知っている

 

だから、一人になる時間を増やすのだ

頭の中ではやりたい仕事リストがあるので

それをただただやっているだけだ

 

一人になるための口実リストが頭ん中にあるだけだ

 

自分で仕事を見つけられない若者が時々尋ねてくる

「何かありませんか?」私は「ないです」と断ることにしている

奴らは仕事を選びたがるから

自分で見つければいいのさ(^_-)-☆

 

突っぱねるとこう言われる

「自分でした方が早いと思ってるんでしょ?」

 

奴らはなんだかんだでめんどくさい

 

仕事は自分で見つけるもんだよ

 

ばーーーーーか

 

今日は仕事終わりに遊ぶ約束をしていたが

身体がきつくて・・・お断りをしたら

 

急に断るなんて変だ!他に理由があるのではないか!

と勘繰る奴も出てきて

 

ちょっと焦った

それは半分当たっていたから

 

とは言え・・・無事に帰ることを選んで大正解

 

自分の本音を遂行したお陰で皆を嫌いにならなくて済んだ

 

結果オーライ

 

私は自由人ではない

自分に正直な人間である

 

それだけなのに

 

 

間違っているのはあんたたちなのにな