こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

初恋

ぐいぐい来られると大抵身構えてたのが

 

諦めの境地に

 

急に頭を撫でられたり、頬を触られたりする

 

慣れてないけど・・心地よいのはなぜだろう・・

 

彼には躊躇がない、そして手が早い・・・

 

もう諦めるしかない・・・

 

 

なんで?急に?とも思ったけど・・

 

そんなこと・・・どうでもいいや・・・

 

 

受け入れてる

 

声のトーンが心地よくて

一緒にいてラクである

 

ただ、テンションが非常に高めだが

夜勤明けのローテンションの方が好みだ

 

あぁ。きっとこれが恋なのね

 

明後日は会えるだろうか?!