読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

苦手意識を味方にする方法

 

「苦手な人、嫌いな人が生まれるメカニズム」

職場や友人の紹介でたまたま会って、「わぁ、この人苦手だなぁ」と感じるのではないでしょうか。今回は改めて、あなたの苦手なイヤな人はどんな人か考えてみましょう。思ったよりも、そういう人はごく身近にいるのです。

具体的にどんな人か、想像してみて下さい

 

と、いうことで苦手な人をあげています。

自分にとって鏡のひとたちに観る類似点を認めると

その向こう側の力をかりられるというものらしい

 

自分の器が大きくなるってんで取り組んでいる

 

 

★空気を読まず、相手に自分の欲求を押し付ける

★人の悪口を言う

★被害妄想が強い

★なんでも中途半端

★決められたルールを守らない

★私のテリトリーに土足で入ってくる人

★お金の話

★他人の行動を気にする人

★自分と向き合わない人

★自分は動かず指示し、小言も聞こえるように言う人

★仕事が出来ないアピールをする

★煙草を吸う人

★仕事を人におしつける人

★やりっぱなしの人

★人に期待させる人

★自分で決められない人

★決断力がない、優柔不断

★逃げる人

★面倒臭い人

★気を引くのに必死な人

★皆と一緒が好きな人

★一言多い

 

とまぁ、今はこんなとこ

 

自分との類似点あるわぁ(笑)

 

あなたが苦手な人は、あなたの決めたルールを尊重しない人です。

たとえば、時間に正確な人は、時間にルーズな人が嫌いです。

明るく生きたいと思っている人は、愚痴を言う人が苦手です。

普段感情的な人は、冷静に理詰めで話されるとイライラします。

そんな感じで、自分と違う人がイヤなんですね。

また、あなたが大切だと思っているルールを平気で破る人も、苦手なはずです。

いわゆる無神経と言うことですが、
もうそういうあり方を見ただけで、

苦手を通り越して、超イライラしたりするものです。そういう人をシャドー(影)と
呼んでいます。自分が、そうあってはいけないということを平気でする人です。

 

そういう苦手な人、嫌いな人の存在は、避ければいいかというと、それはもったいないと思います。

 

彼らは、あなたの鏡です。自分とちゃんと向き合うことが出来たら、

それは自分の器を大きくするチャンスになります。
自分のシャドーを統合するということですが、ヒントをお伝えしましょう。

まず、最初に自分のシャドーを探しましょう。

この人は許せないと思うような人です。

そして、彼らのどういう部分がイヤなのかを書き出してください。

 

人をコントロールする、無神経にやりたいことを押しつける、という感じです。

そのリストを見ていくと、実は、ちょっと自分とも似ていることに気づくでしょう。

自分が密かにやりたいけど、やってはいけないと思っているのがシャドーです。

それをやったら、人間としておしまいだと感じるようなリストなはずです。

とえば、人を押しのけてでも自分のやりたいことを押し通す、愚痴をまき散らす。

本当はやってみたいけど、我慢しているので、シャドーになってしまうのです。

その魅力を感じてください。

その魅力を恐れていることが分かれば、シャドーを統合できるようになります。

シャドーは、とてつもないパワーを持っています。

自分のシャドーの後ろにある力を手に入れられれば、シャドーのことは気にならなくなります。

自分が人をコントロールしたい、

ワガママに生きたいと密かに感じているのだと認められたら、あなたもよりパワフルになれるのです。

自分のイヤな人、苦手な人を探してみましょう。

そうすると、シャドーを統合するたびに、自由になった自分に気づくはずです。

 

このコラムを購読してよかったなぁ♬

 

まだ、まだやってみよう