こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

独唱 さくら  の思い出


森山直太朗 - さくら(独唱)

 

勝手に貼り付けちゃったけど

これを聞くと思い出すことがあるんだ

 

3年前に手話を習っていた時・・

半年間の研修を終え、修了生5人でお世話になった先生たちに

私達の手話を披露しようって話になって

 

だけど、巷で売っている手話で歌う本ってのは

聴覚障がいを持つ方にとっては

音楽のないただの字幕が流れているにすぎず

わかりにくい!とのご指摘がスタッフの方からあり、

 

皆を巻き込んでの練習会が行われたんだ

伝えたい歌を手話にわかりやすく、伝えやすく翻訳する

 

私は半年間一度も休まず、通ったことで

皆の前でスピーチすることになって

憶えることが複数に増えた

 

一人で練習するときはスムーズに出来たのに

いざ本番となると、カンペばかりみて

訳わからんもんになって・・不本意

 

先生たちからも「かんぺばかり見ていたね」と笑われたことを

今でも思い出すよ

 

あれから3年・・・手話を続けることはできなかった

 

最初の授業が楽しすぎて

そこで情熱が燃え尽きてしまったんだ

通う回数も少なくなって

ボランティアにお手伝いとしてでも参加したかったが

専用の保険に入らなければいけないらしく

会の正式メンバーではない私が入られるわけでなく

 

一度滞ってしまった道はなかなか進まず

結局・・そこで終わり・・・

 

 

彼らに会って、福祉の世界に飛び込んだはいいが、

障がい者施設に就職するつもりでいたが、

いろんなことがあって挫折して

老人介護に切り替えて今はそのまま

 

この、さくら を聴くと

良い思い出しかないので

 

やっぱり思い出すんだなぁ・・・・・

f:id:chakin4441:20170408204316j:plain

 

季節外れの写真を張り付け(´・ω・`)