こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

い・じ・わ・る

同月に入職した二人

 

仕事前に彼女が「見てください」と、

ノートに差し出した

「覚えられないんじゃなくて、時間を掛ければ覚えられるんです」

 

頑張って覚えてます風のノート

私には到底扱いきれない乱雑なノートだった(*_*;

 

今日は二人でオリエンテーション

時間があったので、私のノートをチラリと見せたところ

「これ、わかりやすい。写させてください」

 

しかし、私は断って一言付け加えた

「自分で見つけるんですよ。自分のわかりやすい方法を」

 

確かに与えられた資料はとてもわかりにくい

私は図解だとわかりやすい

だから私専用に作り替えた

 

あーー、こうやって私は覚えるのが得意なんだな♬

再確認(´・ω・`)

 

オリエンテーション中、貰ったテキストの内容通りに進んでいく

パソコンに映し出されたものを一生懸命、彼女はノートに書き写していく

 

それを時折横目で見ながら、テキストにも目をやるワタクシ

 

内容は同じもの

 

テキストを開いたり、閉じたり・・また開くが違うページ

欠伸ついでに質問をしたり・・落ち着きがない彼女

 

彼女はことはこの際置いといて・・・

 

この会社はハードルが高いことは話の中でもよくわかった

そして・・・

責任感の強い、プロが多数在籍している職場なのだともそこで知る

 

 

就職先が決まった今、あと2か月

プロから色んな学びを得ようと心に決めた私は

きっと彼女には相変わらず意地悪をするのだろうと感じる

 

ずっと言っているのだけれど

「社員さんと行動してくれませんか?」とお願い

すると

「はい、そう言われたので今日から社員さんと行動します」宣言在り

 

「机に置きっぱなしの私物、邪魔なので棚に片付けるか、隅に寄せてくれませんか?」

すると

「バッグは持ち歩かないし・・・棚に置きます」

仕事終了後・・・見ると備品が置いてある棚に堂々と置いて帰っていた

 

健康診断で心電図に異常が見られたという彼女はしきりにこう言った

「サーチも高かったし、空腹だからですよ」

 

思い込みがなかなか激しそうな彼女だ*1

 

契約社員だと契約で切られるかもしれないから、パートでいい」って

 

思い込みがかなり激しそうな彼女だ*2

 

f:id:chakin4441:20170726145210j:plain

 

 

 

 

 

「ここは、働きやすい。みな教えてくれるし」

入職して2週間、なかなか独り立ちさせてもらえない彼女は

業を煮やしたのか・・・

社員さんに「おいおい覚えてもらえれば良いので」と言われていた

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+

*2:+_+