読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わる頃

抑揚のないブログも時には嵐も・・・たまにね

危険なおしごと

今日はお風呂日でした( *´艸`)

一日50人のじじばばを数人のスタッフで対応

 

これがなかなか体にこたえる

 

ヘビー級の大物から依存心の強い人たち、いつも受け身のじいちゃん達

今の施設ってリハビリ後は自宅か有料老人ホーム等に行く!

自分で出来ることは自分でやるってのが大前提のはずなんだけど

お風呂の時は制限時間のある流れ作業だからスピード重視

爪切り、処置などは全部看護師が行うので

私達介護士の役目と言えば、着脱とお風呂に入れること

 

これじゃ、依存心も強くなるよなって感じが否めない

 

これもなかなか体のこたえる

 

だって、私たちはあんた達の小間使いじゃないぞ!!

って心の内では十二分に感じているし、思っているから

 

それよりも

お風呂が終わったら通常業務が担当階で待ち構えるからだ

 

お風呂で十二分に体力を使った後に更に体力を消耗する仕事が待つ

仕事の早い遅いはメンバーによるが愚痴りたくはないので

メンバーがによってその時の動きを変えるのが私のやり方だ

 

中には「あいつは仕事をしない」喫煙者を目の敵にする人もいるけれど

そんなことより早く済ませて早く帰りましょ!って感じ

 

見ている人は見ている

それだけだ

 

今日はね、お風呂でこんなことがあったの

コミュニケーションがまったく取れないばあちゃん

「厄介なばあちゃん」

一度怒らせると唾をかけたり、つねったり、力づくで応戦してくる

いつも温厚な男性社員さんがキレて頭を数発叩いていた・・と

退社後同僚が教えてくれた

 

これを虐待だ!って感情的になるのは受け取り手の勝手だが

介護は感情のある人と人との関りあいであり、ぶつかり合いである

本当に難しい仕事だと肌で感じる

自分の思う通りにはできない、思う通りにもいかない

相手も思う通りにもできない、思う通りには沿いたいがそうもいかない

 

だから難しい

そして人間性が一番解りやすくでる危険な仕事だと思う

f:id:chakin4441:20170319095622j:plain