読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わる頃

抑揚のないブログも時には嵐も・・・たまにね

見切りをつけた日

まさか!40代になって人から無視される日がくるとは・・・

 

昨日までなんとなく話していた人から翌朝完全無視されると言う・・・

考えつかなかった( ゚Д゚)

 

ちょっと話しかけたら「さぁ、知りません!フン( `ー´)ノ」

 

うわっ面倒くさっ

 

実際、好都合だった

嫌われている=近づいてこない

仕事がやりやすくて・・・ありがたかったことを実感(´・ω・`)

 

一番そいつにがっかりしたのは無視されたことじゃない

フロアにベッドが縦に並んでいて片方には点滴+胃ろうの★じいちゃん、

片方には娘に寝顔を見守られている▲じいちゃん

 

★じいちゃんの点滴の針が外れたと大慌ての看護師に

完全に背を向けて、▲じいちゃんに悠長に手を振るそいつの姿を見たとき

 

仕事に対する姿勢をすべて見透かした気がした

こいつは本当になにかあるとすぐ逃げる奴なんだ

頭がおかしい人なんだ、頭が悪い人なんだ・・・・バカなんだって

こんなに程度の低い奴だったんだ

 

今朝以降、言葉を交わしていませんが

こいつに見切りをつけた瞬間がそれ

 

一生言葉を交わさなくても、問題はない!と判断

 

私の中で不要な存在となりました

 

つまみ食い程度にしか仕事をしない、そいつのやり方に反発もしていたんだけど

実際こうなってしまえば、手のかかる人たちと関わって時間をかける方が

自分が楽しいことを知ったんだ

 

執着を手放した感じだね

 

そいつには感謝をしなくちゃいけないね

 

ありがとうって

 

本当に大切なことを教えてもらったから