読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの声がつぶやきに変わるころ

直感で選んで、ブログを読んでほしいな♬

ある日のデイサービスを振り返る

介護の資格を取るには施設での実習が必須科目の時代

私の実習先は「特別養護老人ホーム」

デイサービスと施設の2件の実習が1つの施設で出来たことはラッキー

 

デイサービスでは利用者さんと「オセロ」体験をした(´・ω・`)記憶がまだある

 

デイサービスって元気なお年寄りがサービスを利用するもの

 

それは勘違いであったことを知った最近である

 

現職のデイサービスに急きょヘルプで行かされた訳だが

 

ある利用者さんを食事介助中に隣席のばばとのコミュニケーションを取ってみる

しかし・・・話がどうもかみ合わない・・・・・

 

さっくりまとめると・・自分のことを14歳の中学生だと思い込んでいる

認知の進んだ方だと推測

 

「制服はなにを着ていますか?」

「四角い、セーラー」

 

「リボンの色は何色?」

「紺」

 

等・・・・

 

すべて受け入れて話を進めることの楽しさがあったが

現職場のデイサービスレベルを知る

 

従業員からも

「まともな人が来る訳ないじゃない」

 

きっぱり言われたのだった